悔いの無い葬儀にする為に

祖父の葬儀を思い出したのをきっかけに、葬儀について調べた事をまとめました。

葬儀参列のマナー

やっと休憩の時間です。今日は仕事が多くてバタバタしていましたが、一息つけました。休憩中にある雑誌を読んでいると葬儀についての記事を掲載されていました。
葬儀に関しては、それほど多く参列することもありません。ですが、いざという時に参列する際のマナーを知っておかないといけないと思っていたので、良い機会だと思い記事をよく読んでみることにしました。
掲載されていた記事にはお香典の事が書かれており、結婚式では新札を包むのが常識ですよね。葬儀では新札ではないお札を包む事が良いとされているそうです。また、親族への長話はしてはいけないそうです。お葬式の準備など疲れている事も察しないといけませんね。そして、葬儀では知人に合うことも多いと思いますが、仕事のことや近況など話をすることはマナー違反ですね。つい知人がいると話をしたくなってしまいそうになりますよね。
葬儀も仏式とキリスト式では親族にかける言葉も変わってきます。仏式の場合は“お悔やみ申し上げます”や“ご愁傷さまです”で良いのですが、キリスト式の場合は天に召されるという考えですので、“安らかなお眠りをお祈り申し上げます”と言うそうです。覚えておくと咄嗟の時に困らなくて良いですよね。知人にキリスト教の方も多いのでこの記事を読んで良かったです。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>